大人気のランドセルはネットで購入!贈り物が子どもを喜ばせる

ランドセル

飾り始めとしまう時期

子供

昔ながらの日本人形を豊富に取り扱っている専門店では、日本らしい雛人形、破魔弓、羽子板などが販売されているでしょう。それらのものは古くからあるしきたりに基づいたもので、破魔弓は男の子の成長を願うものだと言われています。自宅に飾る時期は決められていて、12月の半ばには飾るといいでしょう。破魔弓は、主役となる男の子の両親が購入するのではなく、祖父母が祝いの品として贈ることが主流となっています。受け取った両親は、そのお礼も兼ねて正月にごちそうを振る舞う為に祖父母を招待するといいでしょう。

破魔弓を贈る時期はいつでもいいというわけではありません。男の子が誕生してから初めての正月を迎える年に贈るものだとされています。基本的に、自宅に飾る時期は12月半ば頃だとされているので、贈る際にはそれよりも余裕をもっておきましょう。祖父母に限らず、身近な親戚や友人が贈るケースもあります。

誕生してから初めての正月を無事に迎えて、安心するのもつかの間に破魔弓をしまう時期がやってきます。そのまま放置することは厳禁とされており、なるべく1月末までにしまっておきましょう。この目安は初めての正月を迎えた年に限り、それ以降の年からは1月の半ば頃までにはしまいましょう。地域によって破魔弓や雛人形の取り扱い方や時期が異なるので、身近な地域の人に尋ねておくこと大切です。年に一度しか飾らないものになるので、しまう先には通気性がいいところを選びましょう。